• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ブリッジ雑貨店です。

2020/05/12 19:02




こんにちは!
五島列島出身、現在は京都で小さな小さなお店を営むブリッジ雑貨店です。
ふるさとから遠く離れて暮らしているわけですが、実家に帰る度に大量購入していたものが2つあります。

ひとつは五島の手延うどん。もうひとつが島の海塩です。

つるつるしこしこの五島うどんと、甘味の強い辛くない海塩。大量に購入してお土産にしたり自宅で使ったりしていました。

そして昨年から、念願叶って大好きな製麺所の五島うどんと私史上イチオシの塩屋さんのお塩を取り扱いできることになりました。

関西に出てきてからもずっと愛し続けた地元の味。ですが、本土でこの2つを一緒に買える場所がなく、悲しい思いをしていました。
困っていた昔の自分に届けたい、そんなセットを今回お届けできることになりました。




五島の手延べうどんは細麺。コシが強くてノドごしはつるつる。茹で上がりがすべすべしていて美しいのは、五島特産の椿油を仕上げに使っているから。ねじりをきかせた麺を椿油を塗り込みながらじっくりじっくり伸ばし乾燥させていく、とても丁寧で細やかな工程です。乾麺なので、保存にも便利な一品です。




地元に伝わる「地獄だき」にして食べるのがおすすめです。

作り方はかんたん
①たっぷりお湯を沸かした鍋に麺を投入して8分。茹で上がったら、決して水で洗わないでください。
②生卵をといて出汁と薬味を混ぜたお椀に、鍋からそのまま麺をとり、つるるとお口に運んでください。出汁はあごだしと醤油がおすすめですが、九州の甘口醤油だけ、薄口醤油とみりん、などお好みでどうぞ。薬味はネギと生姜、お好みでみょうが、もみ海苔なども合います。


私の実家では、家族でさっと食事したいときに、地獄だきを食べていました。
みんなで大鍋から麺をつつき合うのが定番でした。とてもとても気軽な料理なので普段料理しない方にも、一人暮らしの方にもおすすめです。外出しにくい今、家でさくっと食べられる地獄だきは簡単便利で嬉しいメニューとなっています。

コシが強く伸びにくいため、冷やしうどんや焼きうどんにも好適です。



この五島の海塩は、矢堅目という三角岩が有名な場所で作られています。塩工房の目の前の海から海水を汲み上げたものを、マイクロチップ対策でフィルターでこし、炭で炊き上げます。実際工房を訪れましたが、炭と海のいい香りでいっぱいでしたよ。
甘くて塩辛くないお塩だなと思ってましたが、実際塩分は70%で残りはミネラル分だそうです。

お肉やお魚に、野菜に。オリーブオイルとこの塩をかけるだけで、たいていのものは美味しく食べられます。
個人的にはチーズケーキやバニラアイスにもかけるのも好きです。
スイカと一緒で、甘いものに塩をかけると甘味が増して感じられるんです。甘ったるいものがさっぱりする効果もあります。塩の結晶のさくっとした食感も面白いですよ。

塩の結晶は1~2mm、ときに3mmくらいと大きめ。海の恵みそのままです。細かくしたい場合は、ごますりを使うと便利です。


……………………


実は五島には26軒のうどん屋さんがあるのですが、その中で一番好きな製麺所のうどんです。

お塩もここのじゃなきゃ嫌!と決めた海塩。

出身者と、地元にいる父(料理人です)がイチオシする2つ。セットで是非お試し下さい。


小学生の頃、テレビで五島うどんが「幻のうどん」として紹介されていたことがありました。
私は実家でいつも食べていたので、少し笑ってしまったのですが、進学で関西に来てから思い知らされました。こちらでは確かに幻でした。
美味しいものと出会う機会の多い関西に住んでいても、やっぱり五島うどんは食べたくなる。島のグルメは最高に美味しかったのです。

今や通販も便利になりましたが、少量ではやはりお取り寄せしにくい五島うどん。
そしてやっぱり五島の美味しい海塩も一緒に食卓に並べてほしい!との思いから、気軽なセットをご用意しました。
私自身がずっと欲しかったセットです。

五島の幸をぜひ普段のごはんに取り入れてくださいね。

五島手延べうどん 五島の海塩セット 送料無料